奉仕活動「福島に元気を送ろう」プロジェクト②

2013.03.07

2011-2012年度の日本橋4ロータリークラブ共同事業として進められていた福島の桜の植樹が3月7日11時、浜町公園内にて盛大に行われました。これは東日本大震災の被災を風化させないために行われたもので、浜町公園・鎧橋たもと・西河岸橋たもとの3か所に植樹されました。福島南ロータリー・クラブから届いたモニワ桜はソメイヨシノより若干開花が遅く、また開花すると少し赤みを帯びるそうです。花と一緒に葉も出るという、山桜のようでもあります。飯坂町の減産ですが、福島県摺上川の上流に植樹・群生しています。

当日は中央区水とみどりの課長、福島南ロータリークラブ副会長のほか、4クラブの直前会長幹事・現会長幹事・社会奉仕委員長の方々が顔をそろえ、和やかな中で植樹式が行われました。各々の植樹場所には被災を忘れないむねのプレートも建てられます。

まだ苗木ですので、本当に細くて高さも1メートルくらいしかありませんが、皆様も近くにお散歩の節は水をやり、声をかけ、丈夫に早く育ってくれるよう励ましてあげてください。

 植樹式6

 

 

 

 

 

 

 開催日 : 2013年 3月 7日
(日本橋地区4ロータリークラブ共同事業)